乾燥肌で悩んでいたけどクレンジングオイルでしっとり肌になった!

美容

年齢だけではなく、乾燥しがちな秋から冬、または季節の変わり目である春先など、乾燥肌に悩む女性は多いのではないでしょうか?

愛の肌質はアトピーまではいきませんが、子供の頃から肌が弱く乾燥肌で悩んでいました。40代に突入すると、さらに乾燥が進み、ひどい時は赤くなって痒くなるんです(泣)

 

「クレンジングオイル」は、乾燥肌にはキツイと聞きますが、乾燥肌な愛ですが、とある「クレンジングオイル」しっとり肌になりました。

何の変哲もない商品なのですが、今までにない不思議な感動を覚え、もう、誰かに言いたくて伝えたくて思わず執筆しています(照)

 

だけど、私の感動をただ叫ぶだけってのもアレなので・・・乾燥肌を改善できるケア方法も調べてみました!

 

 

乾燥肌にオイルクレンジングは駄目らしい

onnanoko-fuman-kao-1

40代になると、肌の衰えが気になりますので、メークも20代の頃に比べると濃くなりやすいかと思います。実際に私は、仕事柄から詐欺メークをしていましたので、下地はしっかり!アイラインくっきり!マスカラがっつり!そんなお化粧をしています。

 

普段からガッツリメークをしていましたので、しっかりとメークを落とす事を優先していました。なので当然、お化粧を落とすのも、スッキリとれる「クレンジングオイル派」でした。

ただ、スッキリ汚れは取れるのですが、肌はつっぱり、カサカサしていました。

 

それもそのはず!

 

オイルタイプのクレンジング剤は、洗浄力が高いので顔全体にしっかり使っていると、大切な肌の保湿成分まで洗い流してしまいます。

クレンジング剤は、いくつかの種類があり、目的によって使い分けるべきなんです。

 

【一般的なクレンジング剤の種類】

  1. ふきとりタイプ
  2. クレンジングオイル
  3. 泡クレンジング
  4. クレンジングジェル(油性・水性)
  5. クレンジングクリーム
  6. クレンジングミルク

 

「1」から洗浄力が高く、「6」に向かい洗浄力は弱いタイプになります。

 

拭き取りタイプのクレンジングや、オイルタイプのクレンジングは、洗浄力が高いので濃いメークでもスッキリと落とすことができます。

デメリットとしては、皮脂膜や角質層のセラミドなど、肌のうるおい成分までスッキリと洗い流してしまいます。バッチリメークをしているときは、部分的にオイルクレンジングを使うほうが、肌の負担は軽減されます。

 

ジェルタイプも使っていた時期はありましたが、確かに肌には優しいなぁと感じました。ただ・・・せっかちな私は、がっつりメークを、手早くスッキリ落としたい気持ちが優先して、洗浄力が高いオイルクレンジングを使い続けていました。

 

メークはスッキリ落とせても、肌がカサカサになって肌荒れしているのは悲しいものです。

乾燥を悪化させないために、正しい洗顔をすれば肌のためには良いのですが、乾燥肌を改善できれば悩まなくても良いんじゃないかと思います。

 

 

カサカサになる原因はなに?改善する方法はあるの?

choukoku-kansou

乾燥肌になる原因は、肌の水分量が不足することで、カサカサしてきます。乾燥してしまう原因を知ることで、改善できることもありますので、チェックしてみて下さい。

 

スキンケアを間違えている

スキンケアを続けていても、間違えていると乾燥は改善されません。

  • 洗顔のときに熱いお湯でバシャバシャ洗う
  • 熱いシャワーを直接、顔にあてる
  • ゴシゴシ擦って洗う
  • 1日に何度も洗顔をする

 

洗顔をするときには、人肌くらいの「ぬるま湯」が良いとされています。洗うときは、「優しく洗う」が鉄則です。

 

 

洗顔料が合っていない

クレンジング剤には、いくつかの種類があります。自分の肌に合うものか確認しましょう。

  • 拭き取りタイプのクレンジングを使う
  • 界面活性剤を使用している洗浄力が高いタイプを使っている
  • 毛穴の汚れを取るタイプを使っている

 

乾燥肌の場合は、メーク落としのクレンジングと、洗顔料に注意しましょう。「毛穴の汚れ」「角栓を取るタイプ」「界面活性剤」を使っているクレンジング剤は、必要なうるおい成分まで洗い流してしまいます。「界面活性剤不使用」の肌に優しいものを選びましょう。

 

加齢・環境の影響

乾燥肌は加齢が原因なこともあります。また、普通に生活をしているだけで乾燥肌になることもあります。

  • 加齢からくるターンオーバーの乱れで角質層が未熟
  • 冷暖房の影響
  • シェービング後のケア不足

 

年齢を重ねると、どうしてもターンオーバーは乱れがちになりますが、肌サイクルを整えるように気をつけましょう。

冷暖房が効きすぎる部屋は、空気が乾燥しています。湿度調整をすることで、乾燥を抑えることができます。

美肌になるといわれるシェービング(顔そり)ですが、肌の角質まで剥がれてしまいます。必要以上にしないことと、シェービング後は、徹底的に保湿ケアをしましょう。

 

生活習慣

生活習慣にも注意をしないと、乾燥を招くことがあります。

  • 良質な睡眠がとれていない
  • 生活リズムが乱れている
  • 食生活が乱れている

 

乾燥肌に直接的に影響することではありません。しかし、栄養バランスが崩れることで、肌に必要な成分が不足しがちになります。

また、生活リズムが乱れることで、睡眠不足にもなりやすく、肌が生まれ変わるターンオーバーも乱れがちになります。

良い睡眠が取れるように、ストレスはしっかり発散して、軽い運動も取り入れ、バランスの良い食事を心がけましょう。

 

乾燥肌の場合は、洗顔にも注意が必要です。間違った洗顔方法ではないか、チェックをしてみて下さい。

 

 

 

乾燥肌のメーク落としと洗顔方法とは?

sengan-awa

せっかちな私は、オイルクレンジングで汚れを落とし、熱めのお湯でガシガシ洗っていました。一番ダメな洗顔方法のようです(汗)

乾燥肌の場合は、肌に合わせたクレンジングと洗顔方法がありますので、ご説明します。

 

メークを落とす場合

しっかりと化粧をしている、ポイントメークは先に落とします。界面活性剤不使用のオイルクレンジングやコールドクリームを馴染ませて優しく落とします。

他の部位は洗浄力が強くなく、界面活性剤を使っていない石鹸を泡立てて汚れを落とします。石鹸ではなくクレンジング剤を使いたいときは、「ジェル」「クリーム」タイプで他の部位を洗いましょう。

とにかく優しく汚れを落とすことがポイントになります。

 

洗顔方法

朝起きてからの洗顔は、水ですすぐ程度で十分だと言われています。ですが簡単なメークをした夜などは洗顔料を使い汚れを落とす必要がありますので、正しい洗顔方法をまとめておきます。

 

  • 手を清潔にする

手が汚れていると、洗顔料の泡立ちが悪くなります。雑菌などもついていますので、手を清潔にしましょう。

 

  • 顔を濡らす

ぬるま湯で、軽くゆすいでおきましょう。

 

  • 泡立てる

泡立てネットなどを使い、しっかりと洗顔料を泡立てます。

 

  • Tゾーンに泡をのせる

泡の弾力をつかい、「おでこ」から「こめかみ」に向かいクルクルを円を描くように洗っていきます。小鼻の周りも泡を使い指先で優しく洗いましょう。

 

  • Uゾーンを洗う

頬の部分は、皮脂も少なく乾燥しやすいので、優しくなでるように洗います。

 

  • 口元・目もと

皮膚がうすい場所になりますので、泡をポンポンとのせて、こすらずに汚れを取ります。

 

  • 洗い流す

人肌くらいのぬるま湯で、優しく泡を洗い流していきます。手にすくったお湯に顔をつけるように洗います。20~30回を目安に、こめかみや顎の部分までしっかり泡を洗い流して下さい。

 

  • 優しく拭く

タオルで顔を抑えるように、優しく水気をとります。洗顔の後は、すぐに保湿ケアをしましょう。

 

 

乾燥肌ではなくても、メーク落としと洗顔は「優しく洗う」ことが大切になります。

 

ですが疲れている日は、サクッとメークを落としてサッパリしたいものです。私は乾燥肌なタイプですが、しっかりメークなのでクレンジング剤は欠かせません。

 

そんなある日、

化粧がしっかりと落ち、そのうえ肌に優しく、カサカサしないクレンジングオイルに出会ってしまいました!

 

 

感動しちゃった乾燥肌OKなクレンジングオイルとは?

cymera_20161111_093631

いつも使っていたクレンジングオイルがなくなったので、とりあえずの代用品として購入したクレンジングがあるのですが、それが大当たりでした。

いつも代用品で購入するクレンジングは、「DHC薬用ディープクレンジングオイル」なのですが、匂いがあまり好きではなく、その日は違うクレンジングを探してみました。

 

すると、石鹸で有名な、あの牛マークの牛乳石鹸の会社が出していたクレンジングを発見しました。「カウブランド無添加フェイスケア」と言うラインナップで出していたんですね。商品を見るまで全く知りませんでした(汗)

石鹸に関して得意な会社が出しているし、値段も安いという理由から購入しまして、使ってみましたが・・・

 

私、完全に舐めてました(汗)

 

3~4回ほど、手のひらにプッシュしまして、両手でクレンジングオイルを伸ばしてから、目元を中心に肌にのせると・・・「おぉぉ~!!」と、何かのCMみたいに思わず声に出ちゃいました(笑)

 

何が「おぉぉ~!!」と声を出させたのかといいますと、「使用感」です。

 

水のように、とにかく軽い使用感なのに、メークがスルスルって落ちるんです。カウブランドのクレンジングオイルを肌にのせた瞬間から、メークがペロンと浮いてくる感覚と言うのでしょうか、水みたいなのに、メークが浮いている!そんな状態を肌と手で実感しました。

 

もちろん、マスカラアイライナー余裕で落ちちゃいます。今まで使ったオイルクレンジングには無い、感触でしたので、ほんとビックリしました。

 

保湿成分の「天然由来のセラミド」が配合されているおかげなのか、洗い流した後は、カサカサしません。あんなにスルスルと化粧が落ちてしまうのに、しっとり肌になるんです。

がっつりメークの場合は、合わせて「無添加・泡の洗顔料ポンプ」などで、二度洗いが必要になります。それでも、カサカサする事もなくしっとり肌で驚いていましたが、もっとビックリしたのは、その後です。

 

洗顔後は、急いで化粧水を肌にのせるかと思うのですが、そこで「ん??あれっ??」と気づきました。いつも使っている化粧水が、ぐんぐん肌に吸い込まれていくんです。なぜか、化粧水の吸収率がアップしてしまい、肌のケアが楽しくなりました。

 

乾燥肌ではない人は、逆に合わないかも知れませんが、私はリピ買いしてしまいそうな予感です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

カウブランド 無添加 メイク落としオイル 150ml【楽天24】
価格:671円(税込、送料別) (2016/11/30時点)

 

 

まとめ

いかがでしたか?

乾燥肌の場合は、日頃から優しく丁寧に肌ケアをする必要がありますが、私は面倒くさがり屋です。だけど、この面倒くさがりな性格のおかげで、めっちゃイイ!!と思える商品を発見できました。

 

今まで化粧を落とすのがイヤイヤだったのですが、今ではスルスル落ちる感覚と、化粧水が染み込む感覚が味わいたくて、喜んでメークを落としています♪

 

 

コメント

トップへ戻る