チャットレディ男性にウケるアダルトパフォーマンスはコレ!

パフォーマンス

 

花子
花子

チャトレを始めてからまじめに本気でオナニーしているのに、会員さんはすぐ落ちていきます。

これ以上、何をどうすれば良いのですか?

頑張ってアダルトなパフォーマンスをしているのに、あまり会員さんにウケないパフォ様というのは、たまにいます。

 

ガチオナまでしていると、反応が悪いのは凹みますよね…。

そんなときは、ぜひ愛のずさんなパフォーマンスを参考にしてみてください!

 

ずさんなプレイですが、リピート率は約60~70%ですよ。

(*´艸`*)

 

ウケるアダルトパフォーマンスは演技プレイ

結論から言うと、リアルガチでオナプレイとかはしなくて大丈夫です。

ライブチャットでウケるパフォーマンスは、演技でじゅうぶんだからです!

 

その理油は、

本気オナはものすごく地味に見えるので、残念ですがそっちの方が演技に感じがちです。

 

演技で触ってるフリ、入れてるフリ、感じているフリは、大げさになりがちですが、ほとんどのパフォ様が大げさな感じかたをしています。

 

なのでライブチャット界の男性たちは、それ(大げさな演技)が本気なんだと思ってくれます。

 

男性会員さんが興奮する映像とは?

男性会員さんが興奮する映像というのは、視覚的にハッキリとエロイことをしているのがわかるものです。

 

チャットや動画で人気が高いプレイ内容というのは、アヘ顔、潮吹き、オモチャ挿入が人気になります。

 

その理由は、エッチな事をしている!!と、パッと見でよくわかるからですね。

 

パンツの中に手を突っ込むと、

実際どこをどんなふうに触ってるのかは見えないので、想像するしかありません。

 

なのに例えば本気でクリオナとかしていると、指先しか使わないのでほとんど動きはありません。

 

私の憶測ではあるのですが、

男性からすると、きっとパンツに手を突っ込んでいる静止画像を見ているのと同じように感じるのではないでしょうか。

 

そうすると、ものすごい地味な映像になるので刺激が足りないと思われやすくなります。

 

だからと言って、

本気オナを激しくすると、傷がついて痛い思いをすることもあります。

 

それを防ぐにはリアルオナは止めておいて、

パンツの中をグリグリしているように見える触り方をすることがポイントです。

 

エロく見せる工夫

視覚的にわかりやすいのがチャットや動画ではウケやすくなります。

いくつかポイントがあるので、紹介します。

 

アヘ顔

アヘ顔までいかなくても、顔出しが可能ならたまにサービスで見せてみましょう。

 

全く感じていなくても大丈夫です。

 

ちょっと意識してブサイクな感じで顔を歪めてみたり、泣きそうな顔で『おかしくなっちゃう〜』なんて言ってみて下さい★

 

乳首プレイ

乳首を触ることがあると思いますが、触り方を工夫してみましょう。

 

軽く引っ張ったりして感じているフリをするのも『エロイ』と言われます。

ヨダレをつけて、光らせるのも会員さんに喜ばれます。(愛は大嫌いなプレイですが…)

 

そして、「乳首イキ」もしてみましょう。

乳首でイクことなんて愛はありませんが、下半身をモジモジしながら『乳首で逝っちゃう…』なんて言ってみましょう。

興奮してくれます。

 

潮吹きプレイ

潮吹きができるなら見せてあげましょう。

最強のパフォーマンスになりますよ。

( ´∀`)bグッ!

 

愛は演技なので潮吹きできません。その代わり、シミをたくさん作るようにしています。

けど演技なので濡れません…。

 

そんな時は、ローションをマンマンの中に仕込んでおくと良いですよ。

 

ローションってお手軽値段ですし、今はローションに見えないオシャレな容器に入っているものもあるので持っていると何かと使えますよ(^^)

女子から人気!ハーバルローション

 

でも愛の場合はローションは使わず、

カメラの死角になっているとき指にヨダレをつけておいて、しれ~っとパンツに塗る。

それだけです。

 

じわ〜っとシミが付いてるように見えると、男性はとても喜びます。

 

喘ぎ声

感じているかどうか、一番伝えやすいのは喘ぎ声だと思います。

でもむやみやたらとアンアン言っても、男性は萎えます。

 

どこをどんな風に触って、どんな感じで声を出すか?

 

乳首、胸もみ、パンツ上からスリスリ、直接クリいじり、穴に指入れ、イク前、珍コを挿入、連続イキ、などなど…状況によって声の出しかたが違ってくるのは当たり前です。

 

このあたりは手抜きをしないで、状況に合わせて喘ぎ声を変えてみましょう。

即ヌキ会員さんでも、女性の変化や雰囲気を味わっているものです。

 

まとめ

ウケるパフォーマンスについて色々とお話していますが、一言でまとめると『演技で良い!』ってことです。

 

ちなみに、

愛が生まれて初めてのテレビ電話で披露したアダルトパフォーマンスは、パンツに手を入れて触ってるフリでした。

 

確か男性に、「四つん這いになって…」と言われたので、おケツをカメラに向けて、パンツに手を入れてみました。

 

そうしたら会員さんから『穴に指も入れてるんだね…エロイね』って言われたんです。

 

(え?パンツの中に手を入れて、ゴソゴソしているだけだけど?)と、こころの中で突っ込んでいましたが、

 

ツッコミと同時に『なるほど!これでズボズボしてるように見えるのね!』と、わかったんです。

 

なので、初パフォーマンスからまともに挿入したことがありません。

(;・∀・)

 

そここら、どうすれば入ってるように見えるのか?アングルとか手首の角度とか、よく研究はしていました。

 

演技で乗り切りたいなら、カメラアングルなどもチェックしてみて下さいね。

 

それでは、演技でエロ楽しいパフォーマンスを提供していきましょう!
\(^o^)/

 

コメント

トップへ戻る