在宅スマホのチャットレディ家族バレしない部屋のコツとは?

モバイル・スマホサイト

通勤チャットレディの良いところは、何と言っても部屋が用意されているので道具も必要なく、ただ事務所に行くだけで仕事を始めることができます。

コスプレなどの衣装を用意してくれている事務所も多いので、化粧だけすればOKという、面倒くさがりな私には最高の環境だとも言えます。

 

ただ、通勤チャットレディから始めて、その後に在宅で仕事ができる、携帯スマホサイトでのチャットレディをする場合、どんな部屋が良いのか?悩むこともあるようで、ご質問を頂きました。

 

そこで、携帯スマホのチャットレディでは、どんな部屋が良いのかと悩んでいる女性に向けて、私がどんな部屋で活動をしていたのかシェアしたいと思います。

在宅チャトレは、自由度の高い仕事なので「絶対にコレ!」というコツはありませんが、家族バレしないように意識していた方が良い注意点なども、合わせてまとめておきます。

 

 

 

通勤と在宅では男性の意識がちょっと違うってはなし

携帯スマホのライブチャットに来る男性会員さんと、PCライブチャットに遊びに来る男性会員さんには、少し違いがあります。

通勤チャットレディをしているということは、PCライブチャットに出演をされているのがほとんどです。

なので、PCサイトに遊びに来る男性会員さん達は、女性は事務所に登録をして仕事をしているのをよく理解してくれています。

 

ですが、携帯スマホのライブチャットは「素人の女の子が利用している」というコンセプトになっています。ですので、いまだに女性達がお金を貰っているなんて、想像もしたことがなく、全く知らないウブな男性会員さんも存在します(笑)

 

PCサイトとスマホサイトでは、男性会員さんの印象や意識が少し違うということを知っておくと、チャトレとして都合よく活動ができることもあります。

 

そのあたりも踏まえて、何年ものあいだ携帯スマホサイトで活動してきた愛は、どんな部屋で活動をしていたのか、お話したいと思います。

 

 

愛のチャット部屋とは?

生まれて初めてチャットレディのサイトに登録をして、初めて仕事をしたのは「音声電話」でした。

ふだんの生活と同じように、電話を受けるだけの仕事なので、何も考えずに仕事をはじめました。だけど、初めて電話で会話をした時に、ふと思ったんです。

 

マンション住まいの私は、リビングで真夜中に音声電話の活動をしていたのですが…最初の会話をした時に「声が響く!近所迷惑かも!?」と、真っ先に思いました。

それと同時に「お話をしている男性会員さんには、どんな風に聞こえてるのかな?」とも疑問に感じました。

 

そこまで気にしている男性なんて、たぶん居ませんが…やたらと声が響くのは、なんだか不自然かも?なんて疑問があったので「和室で音声活動」をすることにしました。

愛が細かいことが気になるクセがあるだけなんですけどね(汗)

 

その後、テレビで映像を映しながらチャット活動をメインにしていくのですが、一番気になったのは、部屋の見栄えと色合いです。愛の場合は家族もいましたが、仕事は公認でしたので洋室に自分の部屋を作りました。

 

なぜ和室から洋室にしたのかと言うと、和室の電気だと、薄暗くてカメラ映りが悪かったんです。洋室なら壁は白いので、明るく見えるし、そうすることで少しでも自分を良く見せれる効果がありました。

 

テレビ電話で活動をしていると、どうしても自分の部屋が映り込みます。愛は整理整頓がにがてで、けっこう散らかっている部屋なので、そこは映さないように注意をしていました。

だけど、自分の部屋だよって感じてもらうように、また、活動している時間帯が夜~夜中だったので布団の上で仕事をしていました。一番の理由は、ゴロゴロと寝転がることもできる!というのが大きな理由ですけどね(汗)

 

パフォーマンスの内容によっては、座椅子が欲しいときもありました。ベッドがあれば、もっと自由度も上がったかも知れません。

しかし、せまい部屋でしたし和式布団の上には置きたくなかったので、その代わりに掛け布団をたたんでブランケットをかぶせ、クッションのようにして使うこともありました。

 

いろいろと説明をしましたが、愛のチャット活動の場所を一言でまとめると、自室の布団の上が仕事場です。

他の女性の様子も気になるかと思うので、愛の友達パフォさんや、過去に絡んだことがあるパフォさんが、どんな感じで活動をしていたのかもぶっちゃけてみます。

 

 

他のパフォさんの話

愛の友達パフォさんや、まだ新人時代の時に、アドバイスをくれた先輩パフォさん達は、どんな活動をしていたのかお話をしてみます。

 

音声メインの主婦パフォさん

愛と同じく主婦をされているお友達は、音声がメインになっています。一応、家族公認ですが、アダルトな会話はあまりできないので、激しいプレイの時は、車で家から離れて、音声活動をするそうです。

その場合は、常連さんのみで待ち合わせ中心です。普通に待機をしている時は、ソフトなアダルトか、おしゃべり会話で対応すると話してました。

 

テレビチャットがメインの独身パフォさん

別のお友達のパフォさんは、家族と同居の独身女性です。一応チャットレディをしていると、親には伝えているようですが、あまり激しい声などは出せません。

だけどテレビ電話の時は、イヤホンマイクを使うので小声でも対応が可能なんですね。

彼女の部屋は、ベッドを置いたごく普通の1人部屋です。活動中は、ベッドの上だったり、床の上だったり自室内で自由に動いていたようです。

こだわりは、持ち運びができる、スタンドタイプの照明を用意していると教えてくれました。

 

家族同居の先輩人妻パフォさん

愛が新人時代に、よく掲示板でやり取りをしていた先輩パフォさんのお話になります。

昼間はパートをしていて、子供も一緒に生活をしていたパフォさんですが、音声とテレビを、その日の都合にあわせて活動をされていました。

テレビ電話の時は、あらかじめ約束を入れておき、トイレやお風呂場や洗面所でコッソリとアダルトパフォーマンスをしていたそうです。

動画を撮影する時も、洗面所やトイレなどが多かったようです。照明もオレンジ系で柔らかい光だったのを覚えています。

トイレやお風呂場の照明は、肌色が綺麗に見えやすいと思います。

 

家族同居でテレビチャットがメインの先輩パフォさん

また違う先輩パフォさんは、テレビ電話を中心に、ガッツリと待機もする女性でした。実家暮らしなのですが、両親には秘密にしていたそうです。

稼ぎたい気持ちが強い先輩パフォさんだったので、いつも夜から夜中の活動をしていました。

たまに昼間の活動をされていましたが、両親が出かけている日は活動時間を増やすために、昼間もサイトに出ていたようです。

 

深夜は、家族にバレないように小声で対応していたそうですが、カモフラージュするために、テレビの音を小さくして流していたそうです。

この先輩パフォさんも夜中活動だったので、愛と同じく、自室の布団の上が仕事場所でした。

 

 

家族が居る場合の注意点

実家暮らしの場合や、主婦さんの場合は、家族や旦那さんには内緒でサイト活動されている場合がほとんどだと思います。

秘密でチャトレをしていると…バレた時は大変なことになりますよね。また、スキマ時間を活用して待機をこまめにすることが多くなるかと思います。

ですので、出来る限り普段着だったり、片付けが一瞬でできるように部屋をセッティングしておくなどの工夫をすれば安全だと思います。

 

スマホサイトでの活動は、スマホ1台あれば仕事ができ、持ち運びも自由なので、極端に言うと自宅でなくても仕事は可能です。実際に、お風呂に入る時だけ待機をする女性もいます。

一番心配なのは、アダルトプレイ中の、声や姿を家族にバレないようにする事なので、安全を確保するのを一番に考えると良いかと思います。

 

 

身バレ回避!テレビチャットや動画撮影での注意とは?

愛がテレビ電話やPCチャットで活動をしていた時は、映す範囲は狭かったです。と、いうのも、男性にとって一番の楽しみとは、女性のセクシーな姿を見ることなので、乱暴に言ってしまえば、自分の姿さえ見せれば良いわけです。

 

しかし会話の流れだったり、ネタ作りなどの流れから、自分の部屋以外も映像に映すこともあります。ただし、男性からのリクエストで、部屋全体の映像を見せたりする時は、嫌ならちゃんと断りましょう。

 

愛は、ネタ作りをする中で、部屋の様子がわかる内容を、動画やギャラリー写メで撮影をしてみたり、リビングの様子を撮影してみたりありましたが、コレ実は危険です。

家族に隠れてチャットレディをしている場合は、部屋の露出は少なくしておきましょう。

 

例えば、ガスの点検にきているオジサンや、エアコンの付け替えの業者さんや、宅配業者さんや、近所の旦那さんなど、万が一でもサイトを利用している可能性があります。

家なら必ず存在している「玄関」ですが、人それぞれの個性が出ている場所です。めざといタイプは、玄関の特長など見ているものです。

家やマンションの外壁のとくちょうに、ちょっとしたことで、気づいたりするかも知れません。

プロフ動画をリビングで撮影した時に、飾っている置物などで「アレ?これはウチにもあるぞ」と旦那さんにバレてしまうかも知れません。

 

どこで誰が何を見ているのかわかりませんので、「どうしても心配!」という場合は、テレビ電話や動画や写メ撮影のときには、映す場所を決めておきましょう。

ちなみに、愛はバレたことはありません。数えきれないほどの男性会員さんと絡んでいましたが、今まで一度も声をかけられた事もありません。(理由は詐欺りすぎです)

 

まとめ

これまで通勤チャットレディしか経験がなく、在宅スマホの活動になった女性から、ご質問を頂いたので、愛の経験からまとめてみましたが、いかがでしたか?

通勤だと部屋の作りなど気にしなくて良いのですが、家族が同居している場合の在宅だと工夫が必要になります。

 

だけど、完璧な仕事部屋を用意するよりは、携帯スマホのライブチャットならではの、素人っぽさや、生活感を残したほうが、男性は嬉しいようです。

とは言っても、散らかっている部屋はNGです。清潔感は保つように気をつけましょう。あとは、自分が動きやすいように好きな形でチャットをすればOKです。

 

PCサイトとは違い、スマホチャットレディはかなり自由です。その自由な部分が個性にもなるので、男性会員さんの様子を見ながら、色々と試してみると面白いですよ♪

 

携帯スマホサイトでチャットレディをする場合は、自分で仕事道具を準備しなくちゃいけません。チャットレディに必要な仕事道具について、カンタンにまとめた記事もあります。

在宅チャトレに必要な仕事道具とは?

 

参考になれば幸いです。

 

コメント

トップへ戻る