iPhoneでZIPファイルを解凍して閲覧する方法を詳しく解説!

お役立ち

これまで、パソコンで閲覧をしていたZIPファイルですが、iPhoneやスマートフォンが普及したお陰で、パソコンが無くても重要なファイルをダウンロードすることが可能となりました。

要領が大きくて、メールに添付できなかったファイルでも、圧縮をしてZIPファイルにすることでiPhoneなどのスマートフォンで送受信が可能となっています。

 

この便利なZIPファイルですが、iPhoneの場合ダウンロードは可能ですが、そのままでは閲覧することができません。

ですが、あるアプリを使う事で、圧縮されたZIPファイルを安全に閲覧することができます。その手順を、図解で詳しくご説明しますので一緒に進めてみて下さい。

 

 

圧縮ファイルやZIPファイルとは?

ZIPファイルとは、要領の大きい画像ファイルや音楽ファイルに、圧縮プログラムを使い、コンパクトなサイズにする事です。

ビジネスでの利用法としては、1つのフォルダに、複数のファイルをまとめ、圧縮をすることで要領を小さくしてメールで送受信が可能となっています。

また、重要なファイルなどを圧縮することで、ネット上で誰にも閲覧されないようにする事もできます。

圧縮ファイルには、次のような「.zip .lzh .rar」拡張子があり、圧縮ファイルかどうか判別をする時には、ファイルの拡張子で見分けることができます。

MacでもWindowsでも圧縮ファイルの拡張子は「ZIP」が主流になっていますので、圧縮ファイルと呼ばずに、「ZIPファイル」と呼ぶこともあります。

 

このように、大変便利なZIPファイルとなっていますが、iPhoneダウンロードをした場合、残念ながらそのまま閲覧する事ができません。

そこで、解凍専用アプリの登場となります。

とても簡単に使えますので、順番にご説明をしていきます。

 

 

ZIPファイルを解凍するにはアプリiZipが便利!

それでは、iPhoneZIPファイル解凍して閲覧するために、無料のアプリ「iZip」を利用します。英語表記ではありますが、とてもシンプルな作りなので初めてでも簡単に解凍することができます。

 

下記のボタンをクリックすると、App storeのiZipダウンロードページへ飛びますので、そちらからアプリをダウンロードしましょう。

ダウンロード

 

 

iPhoneで安全にZIPファイルを解凍する方法

では、App Storeで「iZip」をダウンロードできるページへいき、実際にダウンロードをする所から、ZIPファイルを解凍する所までの手順をご説明していきます。

 

ステップ1 App storeのiZipダウンロードページ

App Storeにある「iZip」をダウンロードする画面になります。

app_tejun1

 

ダウンロードが完了した後のiPhone本体のホーム画面になります。

app_tejun2

赤枠で囲っているアプリが「iZip」アプリになります。関係ないのですが・・・この端末は、娘のiPhoneなので、私の趣味ではありません(汗)

 

それでは、実際に使ってみましょう。

 

ステップ2 ZIPファイルをダウンロードしてみる

下記の画像では、私が特典でお渡ししているダウンロードURLの画面になります。いつもメールでお知らせをしているので、今回もメールにダウンロードのURLリンクを貼り付けてみました。

app_tejun3

 

ステップ3 ZIPファイルを解凍しよう

「ステップ2」にあった、ZIPファイルをダウンロードするURLをクリックすると、次のような画面になります。

”iZip”で開くと出ていますので、タップして下さい。

app_tejun5

 

ステップ4 そのままOKを選ぶだけ

なにやら英語で説明が出てきています。グーグル翻訳で見てみると「あなたは、全てのファイルを摘出しますか?」と、質問をしているだけなので、気にせず「OK」タップして下さい。

app_tejun6

 

ステップ5

「OK」ボタンをタップすると、ZIPファイルはすぐに解凍が完了します。

ダウンロードをした中身は、「PDFファイル」が3つ入っている物になります。

app_tejun7

 

ステップ6 PDFファイルを閲覧する

解凍が完了したフォルダをタップしてみると、中にしまわれていたPDFファイルが出てきます。あとはこのまま、ゆっくり閲覧をするだけです。

app_tejun8

 

ここまでが、iPhoneで、ZIPファイルを解凍してから閲覧するまでの説明でした。解凍したファイルは、アプリでいつでも見ることができます。

 

ですが、ファイルを保存しておきたい場合もあるかと思いますので、ファイルを保存して、いつでも見れる状態にできる方法を、簡単にまとめておきます。

 

 

ファイルを保存したい場合はDropboxが便利

アプリ内だけでファイルをチェックするのではなく、しっかりと保存をして、いつでも読めるようにしたい場合や、パソコンアンドロイド端末でもファイルが共有できる便利なアイテムが「Dropbox」です。

 

パソコンDropboxを使うときは、下記からインストールして下さい。

Dropbox公式サイト

 

iPhoneDropboxを使うときは、アプリを入れて下さい。

Dropbox公式アプリ

 

アンドロイド端末でDropboxを使うときは、下記からアプリを入れて下さい。

Dropboxアンドロイド公式アプリ

 

iPhoneでのDropboxの使い方

アンドロイドのスマートフォンではなく、iPhoneでの使い方になりますが、簡単に手順をお伝えします。

iZipアプリで、ZIPファイルを解凍しますと、画面の下に、共有できるアイコンがあります。

app_tejun_dropbox

 

Dropboxのアプリを、先にインストールしておくことで、ZIPファイルを解凍した時にすぐに保存をすることができます。

上記画面にあるように、下の方に「Open in」とあります。そのままタップすれば、「Dropboxに保存」と出てきますので、タップして下さい。

すると、Dropboxにすぐ保存ができ、パソコンからも閲覧ができるようになります。

 

 

まとめ

圧縮されたZIPファイルを「iZip」を使い解凍をして、iPhoneで閲覧する手順をまとめてみましたが、すごく簡単だったと思います。

 

重要なファイルや、無くしたくないファイルは「Dropbox」を使うことで、ずっと保存することが可能です。パソコンとも共有できるので、ビジネスシーンでは特に便利な組み合わせかと思います。

 

今回はiPhoneに関しての記事でしたが、

アンドロイドのスマートフォンで、ZIPファイルを解凍する場合には、日本語で対応している「ZIP LHA RAR 7z」が便利になります。下記ボタンをクリックすると、Google Playストアへ飛びます。

アンドロイド解凍アプリ

 

参考になれば幸いです。

 

 

コメント

トップへ戻る