キネマスターの使い方動画カットやモザイク編集と保存のやり方!

アプリ

高機能の動画編集アプリと言えば「キネマスター(KineMaster)」という無料アプリが有名です。

 

めちゃくちゃ優秀なアプリなのですが、機械オンチな愛はキネマスターに対してずっと苦手意識がありました(汗)

 

けど、とりあえず

  • 不要な部分をカットしたり
  • 隠したい部分にモザイクやぼかし加工を付けたり
  • 文字を入れて保存をするなど

超基本的な使い方を覚えてみたら、めちゃくちゃ使いやすい!ってことに気づきました♪

 

ちょっと頑張って、図解で詳しく説明しますので、まずはキネマスターの基本的な使い方から慣らしてみて下さいね♪

 

キネマスターの使い方アプリ立ち上げから動画カットまで

この動画は、キネマスターを使って編集した後の完成動画になります★編集前は、全裸で顔出しのアヒルさんでした。

ではさっそく行きましょう!

 

1

キネマスターのアプリを立ち上げたら、このような画面になります。

真ん中の丸をタップします。

 

2

すると、上のような画面になります。これが編集画面となります。

「メディア」をタップすると、ファイルが出てきます。

 

3

ここから、動画を保存しているファイルを探します。

 

4

ファイルが見つかれば、編集したい動画を選びましょう。

 

5

動画を選ぶと、このように編集する状態になります。

 

下に出ている映像は、左右に動かして確認することができます。

動画の長さを調整するために、カットしたい時は、タップしましょう。

 

6

黄色で囲んでいるところから「左側・右側・真ん中」を選んでカットすることができます。

もし間違えてしまった時は、左上にある戻るマーク「」こんなヤツを使えば、やり直しできます★

 

無駄な部分をカットできれば、「」チェックをして保存をします。

 

次は、見えたら困る部分をキレイに隠せるモザイクとぼかし加工のやり方です。

 

キネマスターの使い方モザイクやぼかし加工

1

ぼかし・モザイク加工を使いたいときは「レイヤー」をタップします。

 

2

レイヤーを開くと、色んな機能が出てきます。

ぼかし、モザイク加工を使いたいときは「効果」を選びましょう。

 

このように、ぼかし加工かモザイク加工を選ぶことができます。

 

3

(1)どの部分に、どれくらいの広さでぼかしやモザイク加工をするのか、サイズが調整できます。

また、角度も自由に変更できるので、いじってみて下さい。

 

(2)ぼかしやモザイク加工を表示する時間の長さを調整します。

 

4

被写体が動いている場合は、その動きに合わせてモザイク加工をする必要があります。

 

ボカシやモザイク加工が必要な分だけ、何度もちょっとずつ加工を貼り付けていけば、チラ見えすることはありません。

 

キネマスター使い方動画に文字を入れる方法

1

「レイヤー」を開いたら「テキスト」を選びます。

 

2

メールを打つように文字を入れていきます。改行も使えるので、長い文章も入力可能です★

 

3

どの部分に文字を入れるのか自由に設定できます。下の部分で、テキストを表示する時間を決めます。

タップすれば、何度も編集可能ですよ。

 

4

テキストの色を変更することができます。矢印の丸い部分が、テキストのカラーなので、タップして下さい。

 

そうしたら、次のように色を選べます♪

 

さらに、文字を加工することができます。

下にスクロールしてみて下さい。

 

文字に影をつけたり、フチを付けたりできます。

 

超基本的な編集方法ですが、簡単でしょ?

ボカシ加工や文字入れができれば、動画の再生ボタンを押して一度チェックしてみましょう★

 

キネマスターの使い方動画の保存方法

1

編集した動画をチェックして、問題がなければ保存の作業に入ります。

保存する前に「書き出し」が必要なので、次のアイコンをタップして下さい。

 

2

するとホーム画面になります。書き出した動画を選びましょう。

 

次に、共有するアイコンを選びます。

 

3

  • フレームは「30」で良いです。
  • 解像度は、ロングな動画なら「HD(720p)」でじゅうぶんです。

愛は、短い動画だったのと、後から圧縮するのでFHDを選びました。

サイズを選んだら「送る」をタップします。

 

すると「書き出し」という作業に入ります。
(ここだけ画像が抜けてしましました汗)

 

書き出し作業が終わったら、自動的にギャラリーに保存されています。

You Tubeなどにアップするなら、共有アイコンからそのままアップロード可能ですよ★

 

愛の場合は、ファムやモコム、クレアやグランに動画を投稿したいので、別アプリで圧縮します。

 

4

書き出し作業が終わったら、右上にある「共有アイコン」をタップします。

愛はパンダの圧縮アプリを使っているので、そのアプリと共有します。

 

5

共有すればすぐにアプリが立ち上がります。

サイトに投稿できる動画の要領は、だいたい20MBまでくらいなので、それを目安に圧縮サイズを選びます。

 

今回は短い動画なので、大きいサイズにしました。

 

すると、

このパンダ圧縮アプリは、このような画面になります。

今回はサクサクっと圧縮してくれましたが、2分~3分の動画だと、3~5分くらい圧縮時間がかかります(汗)

このアプリは、ちょっと遅いタイプのようです。

 

圧縮が終わったら、次の画面になります。

「保存」ボタンをタップすれば、端末に保存されます♪

 

キネマスターで動画カットやモザイク加工のやり方を撮影しました!

今回は、キネマスターの使い方を動画撮影してみました!

 

愛もまだまだショボイ使い方しかできていないのですが、もっと慣れるためにチャレンジしてみました。

ポンコツな編集かも知れませんが…参考になれば嬉しく思います。

 

おわりに

動画編集アプリの「キネマスター」ですが、3回くらい編集をすれば、基本的なことは簡単にできますよ♪

 

キネマスターのアプリだけでもじゅうぶんなんですが、愛が他の圧縮アプリを使うのは理由があります。

 

たま~に検証しているファムやモコムでは、キネマスターを使ったままじゃアップロードができない事が多いんです。

 

愛の場合は100%ダメでした(汗)

けど、他のアプリを使って圧縮することで、すんなり公開することができます。

 

パンダの圧縮を使ってからは、アップロードしてからチェックされて、30分くらいで公開されます★

 

編集に手間がかかるかもですが、投稿から公開までスムーズに進み、そっちのほうが効率が良かったりしますよ~♪

 

あと、愛の端末はアンドロイドです。もしiPhoneだと上手くいかないなどありましたら、その時はご了承ください(汗)

 

 

この記事を読んで、「やっぱキネマスターは無理かも…」という場合は、モザイク加工をかけなくて良い動画を撮影するようにしましょう。

 

編集いらずの動画は、下着はちゃんと穿いておいて、撮影まえは何度か練習をして動きを考えておけば簡単ですよ♪

 

関連記事:スマホチャトレが投稿動画で稼ぐコツ【保存版】

 

コメント

トップへ戻る